Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目の育休取得。育児記録用のブログです。2017.09.01より二回目の育休取得予定。

秩父宮ラグビー場へお出かけ。

スポーツ観戦好きの私。

特定のチームや選手のファンではなくただただスポーツを観るのが好き。

目的はあくまでもスポーツ観戦なので比較的空いている試合にナツオ@5歳を連れていくことが多い。

ナツオも既に、アメフト@東京ドーム、Jリーグ@国立競技場、大学野球神宮球場、大学サッカー@西が丘サッカー場、社会人ハンドボール@駒沢体育館と広く浅くお出かけしてきた。

 

そして今回ナツオとお出かけしてきたのはラグビートップリーグ観戦@秩父宮ラグビー場

ルールをよく知らないこともあり、私はラグビーに対する興味はゼロであったがなぜか職場にはラグビー好きが多い。

部長、次長、課長、チームリーダーと管理職ばかり。

ラグビー経験者はいないのに観戦大好き人間ばかり。

そして私は上を見ることしかできないヒラメサラリーマン。

上司からのご評価というエサを求めて社内をスイスイ泳いでいく。

トップリーグをはじめ、ラグビーシーズンの開幕を迎えて職場内の話題もラグビーへと移り変わっていく。

ここは可愛らしい部下、後輩を演じるっきゃない。

脳内BGMはユーミン、そして私は原田知世になる。

「私をラグビーに連れてってください。」

と依頼したのが8月。

そして気がついたら勧められるままにとあるラグビーチームのサポータークラブに入会していた。

どこかのクラブチームのファンクラブに入るなんて、小学校時代に阿波野や大石に憧れて入会した近鉄バッファローズのファンクラブ以来である。

 

余談だが今回入会したのはNTTコミニケーションズ シャイニングアークスのサポータクラブ。

会社同士のお付き合いなどないし、選手も全く知らないのになぜかと言うと、おかしいくらいに特典がお得だから。

大企業のなせる業なのか、ラグビー人口拡大の為なのか。

とにかく特典がクレージーなのである。

年会員 |ShiningArcs SupportersClub シャイニングアークスサポーターズ倶楽部

だって年会費800円を支払えば最大7試合も観戦できてしまう。

しかも応援に必須のタオル付き。

一試合あたりわずか100円強。

普通に購入したら当日券が2,000円もするのに。

一試合見る為だけでも十二分に元がとれてしまう。

休日のお出かけ候補にでもなればと思い入会。

ラグビーはともかくとして競技場でのんびりするのも非日常感溢れて楽しいだろう。

そんなわけでNTTコム戦を中心に8月は仕事帰りに上司とさくっとラグビー観戦。

そして先週末にナツオを連れてラグビー観戦へと出かけてきた。

 

f:id:iqo720:20170913113833j:plain

 

野球場、サッカー場、体育館と色々なところに連れていったがラグビー場は初めてのナツオ。

まずはフィールドとの近さに驚いている。

そして、ラグビー場ならではのゴールポスト等の存在に疑問がわき出す。

「あれは何?あの線は?あの数字は?」

ナツオのなになに攻撃が止まらない。

そんなナツオに嫌な顔せずに教えてくれる上司達。

ナツオの為にお菓子まで用意してくれていた。

 

ナツオのワクワクが高まっていく中で試合開始。

目の前では熱戦が繰り広げられている。

激しいタックルの応酬にフィールドを颯爽と駆け抜けるラガーマン

音や声もよく聞こえて臨場感抜群。

これぞ男祭である。

柔術にも通じる腰の低いタックルをしっかりと目に焼き付けるんだ、ナツオ!

 

と思ったのだが、ナツオは開始5分で飽きた模様。

ひたすらお菓子を食べては仮面ライダーのおもちゃで遊ぶ。

ナツオにとってはラガーマンよりもビルドの方が強い男なのである。

ラグビーへの興味も感心もゼロのナツオだったがおもちゃに夢中でとりあえず静かなのはありがたい。

おかげで上司達と話しながらお酒を飲みながら楽しく非日常を味わえた。

 

しかし40分ハーフは5歳児には長すぎるみたい。

後半残り20分あたりから集中力の限界となってしまう。

まだ終わらないの?早く終わらないかな~?と無邪気に毒を放つ。

子どもの戯言ではあるが肩身が狭い。

なだめたり場内を探検してやり過ごす。

まだまだ難しいかな。

 

試合後はトップリーグ恒例のファンサービス。

選手たちが観客席に近づいて挨拶をしてくれる。

f:id:iqo720:20170913113819j:plain

目の前の巨体に圧倒されつつも興味津々のナツオ。

試合を終えたばかりの選手たちが疲れた顔をみせずにしっかりと握手してくれる。

優しい対応にナツオもすっかりと喜び「握手してください。」と言ってはたくさんの選手に握手をしてもらった。

この選手との距離の近さ、ファンサービスの素晴らしさはもっと称えるべきだろう。

ルールとか試合とか関係なくこれだけでもラグビーが好きになるんじゃないか。特にちびっこは。

 

集中力が限界となった為に第二試合は諦めて私とナツオは帰宅。

初めてのラグビー観戦、ナツオに言わせれば楽しくはないがまぁまぁだったとのこと。

ラグビーを好きになるにしろ嫌いになるにしろ、雰囲気だけでも体感してくれれば満足。

それになによりとりあえずスタジアムは楽しい。

どんな競技のどこのスタジアムでもそこは男の子にとって非日常感溢れるテーマパークだと思う。

私のラグビー観戦はNTTコム戦ありきなので次回は10月7日の予定。

いちょう並木目的に出かけるのもおもしろいだろう。