読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目の育休取得。育児記録用のブログです。2017.09.01より二回目の育休取得予定。

パパ友のおかげで繁忙期もやっていける。

絶賛繁忙期中で毎日22時退社が続いている。

どんなにいそがしくても22時には退社できるので恵まれているのだが、ナツオにもレンタにも会えない毎日が続いている。

帰宅しても妻も子どもも寝ており、静かに晩酌するくらいしかない。

しかし、妻子が寝ているということは私にとっては数少ない堂々と飲んで帰られる期間。

朝4時からのレンタの面倒をみることだけしっかりとやれればとりあえずはOK。

 

こんな時にありがたいのが保育園のパパ友たち。

たぶん社会人になってから一番飲んでいるのが保育園のパパ友だと思う。

回数だけならば、わずか4年間で社会人生活の15年を超えてしまうほどのハイペース。

つくづく保育園に入ってよかったと思う。

 

残業後にまで同僚や上司と酒など飲みたくない。

同僚と飲んだら愚痴になるし、上司と飲んだら仕事の延長となる。

22時過ぎから気軽に飲める友人などパパ友くらいである。

保育園が一緒ということはつまり、みなさんほぼ同じ駅で徒歩圏内、自転車圏内。

どんなに遅くまで飲んでも帰りの電車など気にしなくて済む。

この安心感。

そのせいで朝2時、3時まで飲むこともざら。

また、保育園のパパ友なので互いに妻からの賛同を得やすい。

妻にとっても知らない人ではないので翌日に報告しても怒られることはない。

ご近所さんということを逆手にとってストーリーをつくることもしばしば。

「偶然帰りに会ってさ。せっかくだから軽くいっぱいだけ行ってきたんだよ。」

と何度言ってきたか。

 

そんな偶然が本当に続くのかはわからないが、サザエさんの世界では波平とマスオさんが偶然駅で一緒になって二人で赤ちょうちんや屋台で飲んでいる姿が頻繁に描かれている。

このストーリーは日本の伝統文化なのである。

 

そんなわけで一昨日も昨夜も場所をかえ、人をかえ、パパ友と飲んで楽しんでいる。

当日に気軽に誘えて気軽に断れるのがいい。

●●さんがダメだったから■■さんにしようってな具合に連絡しまくりのここ一週間。

年齢も仕事も違うし、互いに子どもを知っているので盛り上がれる話題も多い。

堂々と子どもの話ができる。

この繁忙期もどれだけパパ友に救われてきたことか。

前向きなお酒なので明日への活力になっている。

今日も明日も頑張ろう。

そしてまだまだしばらく続く繁忙期。

ボーナスステージに突入だとポジティブに考えて楽しく飲んでいこう。