読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目の育休取得。育児記録用のブログです。ただいま二回目の育休取得について準備中。

ブログのタイトルを変更しました。

今日から新年度。

心機一転ブログタイトルを変更することにした。

もともとは「FCブログ」で育休取得と同時に始めたブログ。

その時のタイトルは「イクオと呼ばれたくて」。

  

誰も気にしないところを気にしてしまう器の小さい私。

イクメン」と呼ばれることに日本語の観点から違和感を感じていた。

イクメン」って言葉はなんだ?けしからん!

なぜにmanではなくmenなんだ?

私は私であり、複数ではない。

サラリーメンって言葉が、スーパーメンって言葉があるのか?と。

そもそも、育児する男達だからイクメンってなんなのだと。

日本語と英語の造語にもほどがある。

そんな誰もが気にしないところに違和感を覚え、

「私はイクメンではない、育児する男ならストレートに略して育男、イクオと呼ばれることを望む。」

というメッセージを込めて「イクオと呼ばれたくて」というタイトルをつけた。

(↓実際にはイクオなんて呼ばれることは当然なかったが↓)

 

iqo720.hatenablog.com

iqo720.hatenablog.com

 

そんなことで始めたブログであったが、妻と記事内容で衝突することが続き、妻に内緒ではてなブログへ移設したという経緯があった。

昨日まではブログ登録時につけられた「iqo's blog」で続けていたが、年度も変わることだし、今年度に2回目の育休取得でまとまってきたので「イクオ」の称号を再びブログ名につけることにした。

 

ただ、やはり小心者の私。

産休中で暇している妻がいつブログを見つけだすかわからない。

また記事について文句言われたら、最近はお互いに睡眠不足や乳児相手の育児で緊張状態が高まっているので衝突してしまう可能性が高い。

そこで「イクオと呼ばれたくて」をそのまま使うのにはリスクがある。

日本語がダメなら横文字はどうだ?ってことで無い知恵を絞ってつけたブログタイトルが、

 

「Call me Iqo.Pls!」

 

「イクオと呼ばれたくて」をそのまま訳すと長ったらしくなってしまうのでシンプルに。

さしずめ、「イクオって呼んでくだっさいよ~。お願いしますよ~。」と言ったところか。

入社式に臨む新入社員らしい適度なチャラさで良いじゃないか。

 

ということで、タイトルだけ変えて中身は何も変わりませんが今年度もよろしくお願い申しあげます。

「Iqo」という言葉がいつの日か「IWGP」にも負けないくらい立派な称号となる日を夢見て。