読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目の育休取得。育児記録用のブログです。2017.09.01より二回目の育休取得予定。

母子ともに早くも退院、あまりにも淡々と赤ちゃんがやってきた。

破水からの出産、そしてGCUに入院と何かと大忙しだった二人目の出産。

久々に怒涛の一週間であったが、一週間たたずに早くも退院となった。

本音ではもう少しゆっくりしたい気持ちもあるが、主治医の判断なのだからしかたない。

GCUから出るようになり、順調なので早めに退院の可能性はあると言っていたものの、こんなに早いとは思わなかった。

午前の母子検診で退院OKとなり、11時に妻からメールが来る。

 

「退院OKとなったから。13時には退院手続きが始まるよ。でも、13時からナツオの柔術があるからお迎えはいいからね。親(私の義父母)に迎えに来てもらうから。」

 

母性本能があっても2人目だしこんなものなのかな。

色々とつっこみたいことばかり。

 

10時検診で13時退院?

展開があまりにも早すぎないか?

というか、退院ってそんなあっさりとしたものなの?

 

ナツオのならい事優先でいいのか?

こまごまとした手続きをお願いしてただナツオの面倒を見ているだけですむのでこちらはありがたいが。

でも14時には柔術が終わるし、1時間くらいずらせばいいのに。

 

なんて色々な事を思うが淡々としたメールを受け取ったので、こちらも淡々と「承知しました。」とメールを返信。

 

ザ・業務連絡。

 

そして義父母に妻と赤ちゃんをお願いし、ナツオを柔術に連れていく。

あまりにも日常の光景。

これで帰宅したら赤ちゃんが家にいるなんて不思議。

今まさに日常と非日常の境目にいるのだろう。

 

帰宅すると本当に赤ちゃんがいた。

しかし、赤ちゃんは義父母のフロア。

(我が家は二世帯に近い形の同居です。フロアは別れているものの玄関は一つのマスオ生活です。)

 

帰宅して妻と赤ちゃんに挨拶をして階段をあがっていく。

「お疲れ様。赤ちゃんに備えて掃除機かけたりしておくよ。」

と、誰も止めることのできない正論を述べて。

次男のレンタに会ったのはわずか5分。

 

実際に掃除機かけたり整理整頓をしっかりと行い、赤ちゃんを迎え入れる準備を整える。

階段の下からは赤ちゃんを囲んでの楽しそうな会話やナツオのスーパーハイテンションな奇声が聞こえてくる。

そんな声を聞きながらコーヒーを入れて一服。

ここぞとばかりに録画していたテレビ番組を楽しむ。

これから嫌でも向き合うわけだし、私と一緒じゃない方が義父母も気をつかわずに赤ちゃんと遊べるし。

 

途中、ナツオや妻がやってくる。

ナツオ「赤ちゃん来たよ。会わないの?」

妻  「そろそろ赤ちゃん連れてこようか?」

 

階段の足音を聞いては立ちあがり、

「まだ掃除終わらないからいいよ。赤ちゃんの為にもしっかりとやりたいから。」

と、その都度その都度、掃除してますアピールを繰り返す。

 

我ながらめんどくさいヤツだな。

小学生か?

 

結局、就寝までずっと赤ちゃんは下のフロアにおり、19時過ぎの夕食までずっと一人部屋でのんびりとテレビやネットを楽しむ。

赤ちゃんが、自分の息子がやってきたというのに。

 

父性本能があっても2人目だしこんなものか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問い

以上の文章からくみ取れる筆者の心情について正しいと思われるものを選択せよ。

ア)久々にゆっくりとした休日が過ごせてのびのびできる

イ)ひとりポツンで私はいったいなんなのだろうというむなしくなってくる

ウ)本当は思いっきり抱っこしたいのに抱っこできないのは寂しい

エ)赤ちゃんがやってきたことが抑えきれないほど嬉しいのに素直になれずに強がっている