読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iqo’s blog

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目の育休取得。育児記録用のブログです。ただいま第二回目の育休取得について模索中。

陣痛促進剤注入、分娩室突入(シン・ゴジラ風)。

育児奮闘記

昨日の6時に破水するも結局昨日中に産まれることはなし。

つらそうではあるが本人は元気そうなので、ナツオのお迎えのタイミングで帰宅することに。

暇そうだったので置き土産として東洋経済星野源オールナイトニッポン用にポケットラジオを渡す。

 

保育園にお迎えにいくと、私服姿の私がちょい早めに来たのでママ友たちの格好の餌食となる。

 

「いよいよですか。」

「ちょっと早いですね。」

「ナツオくんもお兄ちゃんね。」

 

などなど。

ナツオには余計なことを保育園で言いふらされても困るので出産の為ではなく赤ちゃんの検査入院としか伝えていなかったのに。

 

え?

僕もうお兄ちゃんなの?

 

とテンションが一気に振り切れてしまった。

 

しかし、帰宅するとお兄ちゃんの自覚効果でとてもいい子。

ぐずることなく着替え、入浴し、就寝。

ナツオの時は妻が痛みに耐えられずに2時に呼ばれたので、今回も深夜に備えて酒を飲まずにさっさと寝る。

しかし、気分が高まって寝られやしない。

 

ようやく寝付いたタイミングで案の定妻から連絡。

痛い痛いとのこと。

時間は3時。

どうしよう?

ナツオもいることだし、とりあえず気づかないふりして寝ることに。

 

すると6時頃にまた連絡が。

つらいので来てくれと。

さすがに二度寝するわけにもいかず、ナツオを義母にお願いして病院へ。

 

あとはひたすらマッサージ、マッサージ。

二回目なので多少は気持ちに余裕があるがあの痛みようは見ていてつらい。

今回はそこまででもなかったが、前回は痛くて吐いてしまうほど。

こういった光景を見るだけでも世の中の全ての母親を尊敬してしまう。  

 

すでに破水から24時間経過したことと、痛そうではあるがまだ本格的な陣痛ではないということで、マルキューサンマル(9:30)に陣痛促進剤が注入された。

ちなみに前回もほぼ同じ展開で陣痛促進剤を使用。

その時は16時頃に本格的な陣痛となり、18時30分にナツオの出生となった。

 

今回もそんな展開かな。

これから長丁場か、でもどうせならば覚えやすいバレンタインデー中に産まれて欲しいな。

でもバレンタインの日が誕生日って男としてどうなのかな。

義理チョコも誕生日プレゼントももらえなかったら哀しいよな、でも誕生日プレゼントと称して義理チョコくらいはもらえるからいいか。

いやまてよ、そもそもバレンタインって今や友チョコの時代だし、10年後はどうなっているんだ?

なんてことを痛みにつらそうな妻の背中を見つめながらひとりブレストしていた。

 

するとそんな私にお腹の子どもが愛想をつかしたのか、陣痛促進剤投与後30分ほどで陣痛開始。

痛みがつらくなってきたとのことで分娩室突入。

 

ただ、私は立ち会えないのでエレベーターホールで待機中。

 

さて、産まれてくるまでの間、こんどはどんなブレストしてようかな。