読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iqo’s blog

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目の育休取得。育児記録用のブログです。ただいま第二回目の育休取得について模索中。

元祖イクオ先輩の復職。

育休宣言

春は出会いと別れの季節。

我が社も定期異動の季節。

そして今週我が部署にも新しい人がやってきた。

4月1日ではなく今週というのが彼らしい。

社歴では後輩であるものの、

我が社初の男性育児休業取得者であり、

我が社初の育児休業を2回取得をしての復帰。

今週復帰というのはもちろん、慣らし保育があるから。

慣らし保育までがっつりやってからの復帰というのがすばらしい。

お子さんが3人もいるので、

家事も育児も完全分担という、

時代の最先端をいっている。

一緒に働くことは初めてだが、

部署が隣だったこともあり、

たびたび昼食をしていた仲。

(家事育児があるので夜は出かけられないとのこと。)

昔から育休の話はよく聞いていた。

イオニアゆえの苦労や衝突話等々。

そして2回目の育休の話まで。

まさか彼と同じ職場になるとは。

人数が多くない職場には珍しく、

これで上司から後輩まで6人が一期違いで並び、

全員が子持ち。

来週予定日の人から小学生までと

それぞれ子どもの年齢もとても近い。

つまり、立場はそれぞれ違うものの、

ここには今の日本には失われた「お互い様」の精神があふれている。

理解がある上司のおかげで、

子ども最優先が浸透している。

繁忙期にも関わらず子どもの入学式優先するくらいだから。

子ども最優先、無駄な残業はなし。

ただし、繁忙期はがっつり残業や休日出勤とメリハリが非常にきいている。

元祖イクオ先輩くんもやってきたことだし、

ますますメリハリがついた働きやすい職場となっていきそう。

社内でも優秀な人材は奪い合う時代なことだし、

見本となる職場、先輩となっていきたい。