読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目の育休取得。育児記録用のブログです。ただいま二回目の育休取得について準備中。

血は争えぬ。

歴史は繰り返す、と言うか、

血は争えぬ、と言うか。

だんだんと言うことがいっちょ前になり、

わがまま放題、やりたい放題のナツオ。

もはやただの甘ったれっこ。

ひとりっこだからなのか、

しつけが甘すぎたのか。

 

特に妻に対しての扱いがひどい。

不機嫌だとすべてが妻にあたる。

今日も朝からもめている。

朝ご飯を出す順番でぶち切れ出すナツオ。

私→ナツオというのが気に入らなかったらしい。

なっちゃんが先だよ。

 おかーさん、なんでおとうさんのを先に出すの!

 ダメだよ!

 もういらない!

 もう食べない!」

と、ぶち切れる。 

どんなになだめても落ち着かず、

しまいには、保育園ノートをゴミ箱に投げ入れ、

さらに朝ご飯をゴミ箱に捨てようとしだす。

しかたなく取り上げると、

寝室へ向かいひとりでふて寝。

「もう保育園には行かない!

 ご飯もたべない!」

この光景、懐かしい。

叱るよりも先に懐かしさが蘇る。

もう30年以上も前に見た光景。

ナツオの行動が幼い頃の私とそっくり。

私もよく弟と喧嘩をし、ご飯の順番ごときでひとりぶち切れていた。

今朝のナツオと同じようにハンガーストライキをよくやったもんだ。

ナツオの行動にジーンとしてしまい、

思わず抱きしめてしまった。

「わかる、わかるよ、ナツオ。

 おとーさんも小さい頃まったく同じだったよ。

 くやしいよね!許せないよね。」

そう言って強く抱きしめるとナツオもようやく落ち着いてくれた。

良くも悪くも血のつながりを実感した出来事。

しかし、落ち着いたナツオも妻への怒りは収まらない。

一緒にご飯を食べようとすると、

「おかーさんは食べちゃ駄目。

 あっち向いていて。」

と、壁を指す。

しかたなく、壁を向き落ち着くまで黙っていようとすると、 

 

「おかーさんはひたすら壁見ていて。

 スマホいじっちゃ駄目!」

と言われ、ただひたすら壁を見つめさせられてる。

拷問か?はたまた悟りを開くための修行か?

かわいそうに。