読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目の育休取得。育児記録用のブログです。ただいま二回目の育休取得について準備中。

小田急ファミリー鉄道展に参加。

テツオなナツオが大好きな鉄道イベント。

新幹線と同じくらいにロマンスカー好きなナツオを満足させるべく、

小田急のイベントに参加。

 

海老名の車両基地で開催されたこのイベント。

初参加ではあるが手作り観満載でなかなか楽しい。

車両体験ゾーンでは実際の車両の中に入れるのだが、

入れるのは一般的な通勤電車。

なので、海老名に来るまでに乗ってきたものなのだが、

ナツオは大興奮。

さんざん乗ってきたのに。

中には入れないものの、

ロマンスカーVSEを間近でじっくり見られる。

また、ふだんはなかなか見られない、

線路上を走る特別な車も見られる。

そこかしこには整備の人が立っており、

子ども達から質問を受けたり、

記念撮影の列ができている。

ただのおじさんにしか見えないが、

子ども達から見たらヒーローなんだろう。

展示コーナーは車両基地内なので

当然線路上。

ナツオにとっては線路を堂々と歩けるのが楽しいらしく、

「本当は線路歩いちゃいけないんだよね~。

 今日は特別だよね~。」

と上機嫌。  

記念撮影パネルを使った記念撮影コーナーや、

なかなかできない非常ボタン体験コーナーと

創意工夫に溢れたイベントが盛りだくさん。

行列だったので諦めたが、

この非常ボタン体験コーナーは、

車内用、駅ホーム用、踏切用と

三種類が体験できる贅沢仕様。 

これは体験したかった。

売店コーナーは小田急グッズに加えて、

江ノ電や神奈中、箱根登山鉄道もブースを出して大盛り上がり。

小田急グループによる屋台飯もあり、

焼きそば350円、フランクフルト200円と

まあ許容範囲内の価格設定。

しかし、この焼きそばが意外なヒット。

小田急グループの本気なのか、 

麺がとても美味しく絶妙な味。

屋台のソース焼きそばと一緒にしては失礼すぎるうまさ。

家族連れと鉄ちゃんで混んではいたが、

許容できる範囲の混雑さ。

どこも30分強並べばなんとかなりそうな行列。

いたるところに小田急のスタッフやら乗務員さんがおり、

全体的に緩やかな雰囲気が漂っていた。

ガチの興行というよりかは、

ちょっと本気出した文化祭のノリ。

どっちも楽しんでいる感が伝わってきて

非常に心地よい。

来年も行きたい。