読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目の育休取得。育児記録用のブログです。2017.09.01より二回目の育休取得予定。

イクオの1日【生後3周年!編】

ナツオも今日で3歳!

もう3歳なのか、まだ3歳なのか。

いよいよ生意気盛りで、口ごたえばかりしてくる。

返事も「はい、はい。」

とか言い出す始末。

「はい」は一度でいいから!

なんてついついどなってしまうダメな親父。

教育とは共育とはよくいったもの。

日々学んでばかりの私です。

そんな3歳の一日を記す。

【6:45】

イクオ:起床。朝食&身支度。

     相変わらずのラジオ生活。

     もはやラジオなしでは生きていけないくらい。

     7時半からの妻の「まれ」が始まるまではテレビなぞつけることはない。

【7:00】

イクオ:妻と交代でナツオに朝ご飯を食べさせつつ身支度。

     食後はコーヒーを飲みながら茶碗を洗いながら仕事の段取りを考える。

     茶碗洗っている間は意外と集中できるので大切な時間となってきた。

ナツオ:朝食&身支度。

    寝付きの悪さが原因で寝起きが悪い日が増えてきた。

    気合いと根性で叩き起こす。

    そして、そんな日に限って朝ごはんイヤイヤ。

    やれおにぎりが良かっただの、パンが良かっただの。

    食べられることに感謝せよ!と朝から一喝。

    食後は出発前にトイレでおしっこ。

    便座に座らせるとちゃんと出てくる。

    そして、機嫌が悪いと今度はコーディネートイヤイヤ。

    やれ、あのズボンがいいだの、このシャツじゃきゃ嫌だの。

    お前はモデルか!表参道を歩くわけでもないんだから。

【7:45】

イクオ&ナツオ:保育園へ出発。

          車の来ない道は追いかけっこをするのが日課。

          毎日そそのかしては、直線をダッシュ。

          決して手を抜かず、本気で追い抜く。

          目指すは沢北の親父(スラムダンクより)。

預かりは8時からなのでそれまでに、エプロンや着替えのセット。

それに加えて夏場はプールの準備。

ここでうっかり準備を忘れた日には、連絡ノートに書かれてしまうので気が抜けない。

【8:00】

イクオ:保育園出発。

ナツオ:保育園生活スタート。

別れ際はきちんと見送ってくれるナツオ。

時間が同じパパさんと一緒になる時は雑談したり、

飲みに行く約束をしながら駅まで歩いていく。

本当に人に恵まれている。

【8:40】

イクオ:会社到着。仕事モードに。

【18:00】

ナツオ:妻と仲良く帰宅。

     毎日の図書館通いが日課に。

     帰りが同じ時間のお友達と一緒にキャッキャ言いながらの帰宅らしい。

イクオ:3ヶ月周期で絶賛繁忙期の毎日。

     早くて19時、遅いと21時退社の毎日。

    季節労働者です。

    繁忙期以外は19時前には余裕で帰宅。

【19:00】

イクオ:張り切って仕事中。

ナツオ:義母の美味しいご飯。

【20:00】

ナツオ:お風呂タイム。

イクオ:お風呂タイムを目標に帰宅する毎日。

     最繁忙期を過ぎたのでこの時間には帰宅。

     ナツオとのシャワータイムで癒される。

【21:15】

ナツオ:ねんねタイム。

    なかなか寝付かない。

    寝る前に絵本を読まされ、消灯してからは昔話をせがまれる。

    なんだかんだで寝付くのは早くて22時近く。

    22時半まで起きていることもざら。

    こんなんじゃいかんのに。

【22:00】

イクオ:ナツオが完全に寝付いたタイミングで起き出す。     

     寝酒を楽しみながらブログ書いたり、日記書いたり。   

     しかし、最近は疲れ気味なのだろう。

     寝かしつけでそのまま寝てしまう。

     寝付けなくても起きるのがめんどくさい時はラジオを楽しむ。

     受験時代以来のラジオッ子。

土曜はあいかわらずお出かけざんまい。

温かくなってきたのでお出かけのしがいがある。

何かと友人と約束しては電車に乗ってお出かけ。

ナツオのリアクションが新鮮なので色々な経験をさせたくなる。

こうして連れ回せるのもあと何年。

ナツオの記憶には残らなくても、

記録には残せればよい。

それが老後の楽しみ。

と、考えるとせつなくなってきてしまう。

そして日曜日は妻に120分だけ時間をいただき、

いつもの駅近くのサウナへ(スーパー銭湯ではなくて本当にサウナ)。

サウナ入って休憩室で缶チューハイとポテチを楽しむ。

90分800円の極上の癒しタイム。

しかし、ナツオが風呂に目覚め始めているので、

最近は一緒に銭湯に行くことが増えてきた。

これはこれで癒しタイムだからよしとするか。

さあもう3歳。

色々なところで子ども料金が取られる年齢。

と言うことは、もう完全に赤ちゃん卒業。

その分行動範囲もますます広がってくるはず。

今度の週末はどこに行こうか。