読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目の育休取得。育児記録用のブログです。2017.09.01より二回目の育休取得予定。

大人のランドセル(TUMI 58689D)通勤。

体重増量中につき抱っこひもでの出勤も限界点は目前。

ナツオの機嫌次第で手をつないで歩かせることもある。

そして、ゴミの日はゴミ袋2つ、3つはザラ。

休み明けは保育園の荷物もとても多いし、

これで雨の日は傘も加わるわけで、

マックスの荷物は・・・、

ナツオを抱えつつ、保育園バッグ、保育園用の靴、昼寝布団用シーツ、

ゴミ袋3つ、通勤バッグ、傘。

千手観音か!

おかげさまで朝から両手がパンパン。

ゴミ収集所は玄関出てすぐだからいいものの、

玄関出るまでが大変。

正月休み明けの前日に荷物を用意していてついに我慢の限界。

誰になんと言われようが構わない。

「ナツオの安全最優先」

と言う大義を名目にしてリュックタイプにもなる鞄を購入することに。

妻からは、「スーツにリュック!スーツに?オタクはヲタクか?」

とひどく嘲笑されたがもう我慢の限界。

スーツにでもOKなリュックというキーワードで探しに探した結果、

TUMI 58689 を購入することに。

安くはないものの、一週間残業頑張ればカバーできる範囲だし、

新春だし、今年は福袋あまり買っていないし、と自分を納得させての購入。

そして一昨日ようやく到着し、昨日の土曜出勤時に初使用。

背負ってみた感想はどこか懐かしい感触。

なんだろう、この哀愁漂う感じは、ってところではっと気づく。

これは、この感触はランドセル!

江戸時代末期から延々と今なお続く美しき日本文化、ランドセル。

オランダからやってきたランセルも既に日本語のランドセルとして定着。

小学校卒業以来の懐かしい感触にナツオのことなど忘れてしばし感慨に浸る。

おかげさまで気分はもう小学生。

久々に大きな声で「いってきます!」と挨拶して出発。

でも、会社が近づくと手鞄として使用する情けない自分がいる。

同僚の目を気にするなんてやっぱり小学生か。