Call me Iqo.Pls!

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目の育休取得。育児記録用のブログです。2017.09.01より二回目の育休取得予定。

イクオ&ナツオのどことなく白熱教室。

緊張に緊張を重ねた大学での話も無事に終了。

どれくらい緊張したかというと、

前日は2時半まで眠れず、しかも5時半に起床したくらい。

早起きのおかげで準備万端。

片道1時間半かけてようやくイクオの母校へ。

学生相手にいっちょ前に育休について語るイクオ。

土曜ということで学生は9人の参加。

対するのはイクオ&ナツオ

だけかと思いきや、

パパ友、ママ友が遠路はるばる来てくれたので、

ナツオ応援団は大人5人と子ども5人。

つまりこちらの方に分がある。

正直、学生にとっては「男性の育休」についても

ニュースの世界の話でピンとは来ていなそう。

しかし、応援に来てくれた友人のおかげで話に深みが出たはず。

イクオ、働きながらも積極的に育児参加するパパさん、

育休復帰後の現実を語ってくれたママさん、

間もなく復帰するママさん、

専業主婦として子どもを2人育てているママさんとその旦那さん。

自分一人だとただの体験記で終わってしまっていたが、

友人たちが私の無茶ぶりに反応して適宜発言してくれたので、

育児について多面的に考えられたのではと勝手に満足している。

みんながみんな正解で、それぞれ頑張っているんです。

育児って甘くないよ!でも楽しいよ!

というメッセージがそれぞれ伝わってくる。

そんな白熱教室の最中もナツオは教壇横で豪快に爆睡。

父が必死に話している横でふんぞり返って寝ている。

ただ、そんな授業中も友人の子どもがかわいく教室内をお散歩。

先生もこっちが話している横でそんな子ども達を写真撮影。

本当にアットホームな雰囲気。

後半は起きたナツオを自由に歩かせたり抱っこしたりしながら話すくらい。

授業後は学生も含めてみんなで学食へ。

学生時代は気付かなかった、プチ紅葉を眺めながらの楽しい食事。

実はなかなかの景色ということを卒業してから知る。

豊富なメニューのおかげでナツオの食事も心配なし。

本当に楽しかった。

学生達に何かを残せたかはわからないが、

こちらは育休について振り返るいい機会になったので

引き受けてよかった。

ただ、この満足感の8割はわざわざ来てくれた友人達のおかげ。

彼ら彼女らの協力と応援がなかったら薄熱にしかならなかった。

人に恵まれていることを改めて実感した一日。