読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iqo’s blog

月→土とバリキャリ勤務の妻を持つ小心者の夫。2012.09.01→2013.04.15まで一回目の育休取得。育児記録用のブログです。ただいま第二回目の育休取得について模索中。

対岸の火事?なはず。

育児愛用品

図書館でふと手にした本。

「ママの世界はいつも戦争」

杉浦由美子著)

を読了。

軽い気持ちで手に取ったが引き込まれてしまった。

自分なりに超要約すると、

・ママがなにやってもやらなくても、常に批判の対象となる

・ママの世界にはカースト制度が存在

・しかし忙しい世の中、暇な専業主婦はいない、忙しいからもめる暇もない

・戦略なきママタレは淘汰されるのみ、子育てアピールにも戦略が必要

戦争とタイトルにあるとおり、

良いか悪いかは別にして何かと批判されるママさん。

しかし、その批判の対象はママさんではなく子育て論。

しかも答えのない世界であり、

どっちの言い分もそれなりに正しいからややこしい。

つまり、対象がいつパパになってもおかしくない。

すでに、ママ、パパと分けること自体が時痔錯誤なのかも。

ただ、著者のスタンスが中立で、

冷静に事例を挙げて分析しているので

こちらも落ち着いて読みすすめられる。

ママ論争があるということは、

きっとパパ論争もあるわけで…。

ナツオの通う保育園のパパママの世界も

これからそうなっていくのだろうか。

いや、ノー天気な自分が気づいていないだけなのかもしれない。

いやいや、保育園に預けているくらいだから

みんな忙しくてそんなことにかまっていられないはず。

うちの保育園の世界にかぎって、そんなことはないと信じよう。